So-net無料ブログ作成

映画『寄生獣 完結編』を観てきた感想!☆゜ ゜( ∀ )!? [映画]

※スマホ板のレイアウトが崩れまくってます。
寄生獣前編の記事も崩れているのでたぶん画像の問題かな?
読みにくくてご迷惑おかけします・・・


心の整理がつかなくて、感想記事をUPするのが遅れました。
心の整理をしなければ感想を書けないような映画ってどうなんだ・・・と思いつつも『寄生獣』好きだから書きます。
実写版『進撃の巨人』の感想を書く前に、片付けとこうと思いました[猫][かわいい]


8ce234c8670a6524576d6baa3f3454ca.jpg

映画『寄生獣 完結編』
2015年日本製作 山崎貴監督作品  118分
出演; 
染谷将太  深津絵里  阿部サダヲ
橋本愛  新井浩文  ピエール瀧
大森南朋  北村一輝  國村隼
浅野忠信   他


相変わらず登場人物が削りに削られる[黒ハート]あらすじ[手(パー)]

泉新一(染谷将太)の暮らす東福山市で、市長・広川(北村一輝)が率いるパラサイトたちの強大なネットワークが形成されていく。
彼らの動向を注視していた人類側は、パラサイトの全滅を図るべく特殊部隊を編成して広川と配下たちの根城となっている東福山市庁舎の急襲を画策していた。
静かに対決の時が迫る中、パラサイトの田宮良子(深津絵里)は人間の子供を生んだのを機に人類と共存する道を探る。
新一とミギーがその鍵になると考えるが、彼は母親を殺したパラサイトへの憎しみと怒りに支配されていた。


映画のオススメシーン美味しいとこ取り!な予告編もどうぞ[手(パー)]




それでは感想です。
細かく書き始めると重箱の隅を爪楊枝でほじくる的な感じになってしまい、「サチコさん?重箱ちゃんと洗えてないじゃないの!」by; 姑 
みたいになってしまうので、柔らかめに[かわいい]
色々と言いたいことは有るんです。
そりゃあもう沢山有るんです。

私、原作厨ですから!(`・ω・´)キリッ

素晴らしい部分も勿論有りました。
全編通して俳優陣の演技は申し分無かったです。
三木役のピエール瀧さんの生首に、ちっちゃい手足がはえて走り出す所は!もう!『遊星からの物体X』かよ!と心の中で突っ込みまくり、個人的にはオイシくいただきましたよ。
ピエール、パネェ!でしたよ[猫][黒ハート]

ミギーと新一が一緒にお味噌汁を作ってるところとか、とんでもない萌えポイントでした[ハートたち(複数ハート)]
チューブ入りの味噌(出汁入り)を使ってるのに、新一が「ミギーの作った味噌汁は旨いな~・・・」とか言ったところで危うく吹きそうになりましたが。
実写版の信子母さんはスナック菓子とメンチカツばかり食べさせすぎて、息子が味覚障害スレスレだよ![猫]
でも私もミギーとお料理したい![黒ハート]
細かい飾り切りとかも出来そうだよミギーは。

細かい部分の設定の変更や登場人物が削られてしまう辺りも、前編で加奈ちゃんや一之父さん、宇田さんとジョーが出てこない辺りで覚悟はしていました。(遠い目)
でも美津代さんが削られたのは残念でした(´;ω;`)
そんな感じでも田宮良子と倉森が対峙するシーンは良かったと思います。
原作と細かい部分の相違はあれど、これはこれで私は好きです。

快楽殺人犯の浦上については、これ以上やったらR指定に跳ね上がってしまうだろうからと、各所配慮が見られたと思います。
(映画寄生獣はPG12で保護者同伴なら小さい子供でも観られる)
浦上役の新井 浩文さんの眼力で十分に怖さは表現出来ていたと思います。
でも惜しいのはマジックミラー?越しに椅子に座っていた新一役の染谷将太くんの眼力が、素人目に見てもヤバかった点でしょうか(笑)[かわいい]
最初っから殺伐とした目をした新一はダメでしょ!?
見たときに私は (°д°) ←こんな顔になりました。
普通のパッと見、可愛ささえ漂う無害そうな少年の目の奥に、浦上が人間以外の何かを感じ取る・・・・という重要なシーンなので。
人間を玩具として知り尽くしている快楽殺人犯だからこその浦上の描写が・・・なんかもう・・・・
素の染谷くんが人相悪いってのは、ネタにされるくらい有名ですけど、ここは!ここは流石に違うと思ったよ私![猫][黒ハート]

北村一輝さん演じる広川市長の演説シーンは好きです![かわいい]

347597_007.jpg

前編での北村さんの演技が良かったですからね。
パラサイトと一緒にいて何の違和感もない、あの人間らしさや抑揚を感じさせない表情と喋り方は流石でしたよ。
それが有ってこそ、このシーンも生きてきますから。
まあ個人的に私が俳優としての北村一輝さん好きってのも有るんですけど[猫][黒ハート]
広川は本当に興味深い人物です。
原作でも触れられていませんでしたが、実際にパラサイト側に付くまでに至った経緯も気になるところでした。

豊原功補さん演じる山岸についても、色々と制作側の配慮が見られましたね。
豊原さんが良い役者なので、それほど鼻につきませんでしたが。
原作だとパラサイトと人間、実はどっちがタチが悪くて怖いのか?・・・を上手に表現したキャラの一人でしたからね。
冷酷な軍人の恐ろしさを感じさせる山岸でしたが、実際彼は自衛官なので、あのまま描写したら、このご時勢には色々と不味かったでしょう(笑)


新一と後藤がゴミ焼却場で戦うシーンでのVFXは流石に素晴らしかったです。
浅野忠信さんの顔がパックリ割れて戦闘態勢に入る辺りとかテンション上がりました![パンチ]
でも・・・・・新一がヒルコ状態の後藤にトドメを刺せずに、ゴミ焼却炉へと投げ込むシーンは・・・・・















完全にこれだろ!?

1994-2.JPG

ライオンキングかよ。

もうね、私の捉え方にも多少の問題があるんだってことは重々承知しています[猫]
でもどうなのアレ!
シリアスシーンなのに心の中でハクナマタタ!! を連呼しなくちゃいけなかった私の身にもなってくれよ?貴と良太はさ[かわいい]
コント寄生獣再び!で、もう私は夢見心地の気分にさせて頂きましたけども![ぴかぴか(新しい)]

真面目に語らせてもらうと、新一が赤々と燃える焼却炉に、まだ生きている後藤を投げ込むシーンは、制作側の言わんとすることは、何となく分かるんですけど・・・
生きたまま火に放り込むって!((((;゚Д゚))))
(ここも原作通りだと色々と規制がかかりそうな部分ですもんね)

前編後編合わせて、たった4時間で原作と寸分違わずに作るだなんてことは到底無理なので、細かい部分の改変は然るべきなのでしょうがね。
原作が漫画の実写化は本当に難しいと思います。
原作の評価が高いだけに本当に難しいです。


パンフレットのインタビュー読みましたけど。
岩明先生どうなの?ホントのところ?[猫][ハートたち(複数ハート)](満面の笑み)







共通テーマ:映画